間取り変更し住宅を一新!費用の目安となる概算見積を上手に活用

住宅の間取り変更のリフォームを行うなら計画を立ててから!

住まい内装を変える計画を思い立ち、完成後を考えると早くリフォームしたいと考えてしまうもの。
急いで、計画を進めてしまうと後悔することが多いので、じっくりと要望などをまとめていこう。

 

リビング・個室などの間取り変更や、キッチン・浴室など水回り設備の取り替えなど人によって考えは異なってきますが共通して言えるのは、どのようにしたいかを明確にすることです。

 

予算の関係から、どうしても希望通りにはいかないこともあります。
そういう時に、絶対に外せないことを決めておく。
そうすることで、仮に計画を変更せざるを得ない場合になってもブレることなく進めることができます。

 

一方、あれもこれもと考えてしまうと、行き当たりばったりで後で後悔することになります。

 

最初に住宅の間取りの変更をしたいと思った理由をしっかりと持っておくことが大切です。

費用の目安となる概算見積を複数のリフォーム会社に依頼

住宅の間取り変更に伴う図面ができ、その図面をもとに3〜4社にリフォーム会社に概算見積を依頼したとします。
依頼した会社から提出される見積もり金額は、だいたい同じになることが多い。

 

しかし、非常に安かったり高かったりすることがあります。
もし、1社だけに見積もり依頼をした場合、その費用が果たしてあっているのか?判断のしようがないですよね。

 

複数のリフォーム会社に見積もりを頼むことで比較でき、基準が分かることで判断できるようになります。

 

住宅の間取りを変更する・キッチンや浴室など水回り設備を交換するといった工事を考えているなら1社だけに絞って考えるより、3〜4社程度の会社に見積を依頼しその中で判断していくほうがあなたや家族のためになります。

 

複数の会社を自宅に呼び、自宅調査やリフォーム計画を打ち明けるといった作業を繰り返さないといけないため面倒に思うこともあるでしょうが、ここで楽なほうを選んでしまうと後々、後悔することになるかもしれません。

 

それに、依頼先が悪徳業者ということも考えられます。

 

あなた自身でしっかりと判断しながら計画を進めるためにも、いくつかの会社を比較することが望ましい。

間取り変更と共に住宅い内部のデザインも考えながら!

住宅の間取り変更を考えるのと同時にデザインについても考えていこう。
そこで役に立つのが、ショールームです。

 

オシャレな住まいを掲載している雑誌などをみるのも参考になりますが、直接見るほうがイメージしやすいこともあります。

 

特に、キッチンや浴室など水廻り設備の取り替えを計画している方は、カタログだけでなくショールームに行き、デザインはもちろんのこと機能性なども確認しておこう。

 

住宅の間取り変更やデザインを決めるのに役立つのがインテリアショップ。

 

リフォームと同時に、家具を買い替える方は、家具を販売しているお店に行き、購入するものをあらかじめ決めておきたい。

 

というのも、ソファやテーブルの大きさ関係してくるからです。

 

間取りの変更を考えるとき、家具の大きさはすごく重要です。
リフォーム後にソファやテーブルを設置してみると、スペースに余裕がなくなり動きにくいといったことがことがあります。
中でもLDKは、念入りに考えておきたい。
複数の人が集まりますし、キッチンから食事を運ぶのに苦労するといったことになります。

見積や提案など比較しながら住宅の間取り変更を考えよう

上記でも記載していますが、リビングやキッチン・個室など間取り変更のリフォームを考えている方は、提案や見積を比較しながら進めていきたい。

 

とは言っても、複数の会社に自宅調査の上、見積金額や提案内容を出してもらうのは、すごく面倒で時間がかかります。

 

この面倒に思う作業をなくし、自分のペースでリフォーム計画を進めることができます。
しつこい営業を受けるといった心配もいらいないので、これから住宅の間取りを変える予定のある方は以下を参考にするといいですよ。